集団指導塾のデメリット

個人に合わせることが難しい

集団指導塾のデメリットとして挙げられるのが、個人に合わせて学習を進めることができないということです。個別指導塾であれば1人1人のスピードに合わせていきながら勉強を進めることができますが、集団指導塾は周りの進捗具合について行かなければなりません。授業中は分からないところがあっても、先生に何度も授業を止めてもらうわけにはいかないので、授業が終わるまで質問したい内容をメモし、後で個別に先生のところへ確認するようにしましょう。授業に対する集中力を欠いてしまうと、気付かない間に次々と新しい内容に移っている場合もあるので授業時間は休む間もありません。欠席するとその分の授業は聞くことができなくなるので、出席率も鍵を握ります。

教室にいる生徒のレベルが異なる

集団指導塾のデメリットとしてもう一点挙げられるのが、教室にいる生徒のレベルがそれぞれ異なるということです。教室にいる人は基本的に全員が同じ学校を受験するわけではありません。学校によって取らなければならない点数も異なりますし、問題内容が全く変わる場合もあります。その人それぞれ受験する高校のレベルが違う中で、自らが受験する学校に必要な点数を取ることができるように頑張らなければなりません。授業も全学校のレベルを網羅することが難しいので、授業の進捗具合にストレスが溜まることも起こり得ます。もし、塾を変える暇がないのであれば、学習レベルが高いなと感じたら工夫しながらついて行き、学習レベルが低いなと感じたら足りないところを自分で補うことが必要です。