集団指導塾をおすすめしたい子のタイプ

一人で居たがらない寂しがり屋の子

寂しがり屋な子は、個別指導や家庭教師よりも集団指導塾の方が向いていると言われています。寂しがり屋な子は一人でいることに強いストレスを感じる傾向にあります。そのため集団指導塾のような自分と同じ境遇の、それも同年代の子供達に囲まれて勉強をする環境は安らぎを感じやすく、気持ちに余裕を持って授業を受けることができるのです。また塾に通い詰める内に同じ塾内での友人が出来る可能性も高く、その場合はよりこどもは寂しさを感じにくい環境になっていくのに加えて、友人と勉強を教え合う事も可能になるので学習効率が上がっていくことになります。特に両親の帰りが遅く、子供が寂しさを感じるような環境である場合は、集団指導塾に通わせる事で得られるメリットも大きくなっていくでしょう。

一人でいると他のことをしだす集中力が無い子

集中力がない子などは集団指導塾向きの性格と言えます。集中力のない子は、一人で学習しようとするとすぐに気が散ってしまい他のことをやりだしてしまう傾向があります。その点も集団指導塾であれば、環境的にそうした他のことをする余地がないので目の前の勉強に向かうしかな状況であり、周囲の同年代の子達が勉強しているのを見ればそれに従って自分も勉強をしようという気持ちを湧かせやすいのです。そうして周囲の熟成仲間達から集中する姿勢を学ぶことができれば徐々に集中力が付いてくることもあるため、勉強の内容だけでなく勉強姿勢を学ばせることが出来る可能性も秘めています。しかしあくまでもこれは周囲に落ち着いている子が多い環境での話になるため、集団指導塾を選ぶ上で一度授業風景を見学して、騒がしくない事を確認しておく必要があるでしょう。