個別指導塾をおすすめしたい子のタイプ

勉強へのモチベーションが低い子供

勉強へのモチベーションが低い子は集中力が欠けています。個別指導塾は先生がマンツーマンで生徒を見てくれる場所です。そのため、集中力がない子にもおすすめです。集中力がない子は集団塾だと、先生が見ていないのをいいことにノートに落書きしたり、寝てしまったりしてしまう可能性が高いので、集団塾はおすすめできません。一方的に授業を聞いているだけの授業には向かないのです。個別指導なら課題を解くことが中心ですので受動的ではないし、サボれば先生にすぐ注意されるので集中力がなくても、強制的に勉強をすることになります。

個別指導であれば先生がその生徒のことをしっかり見ています。監視の目があることで勉強嫌いでモチベーションが低い子でも、自分から勉強をするようになりやすいし、先生ができたところを個別で褒めてくれるのでモチベーションも上がりやすいです。

引っ込み思案である子供

集団指導の塾だと、引っ込み思案な子供は疑問があっても手をあげて発言しにくく、わからないところをそのまま放置してしまいがちです。しかし個別指導の塾であれば、引っ込み思案の子供でも一対一なので先生に質問をしやすいです。また引っ込み思案な子供は目立たず、集団で勉強する学校や集団指導の塾では先生の目が向きにくいです。しかし個別指導であればちゃんと先生がその子を見てくれているので、褒めたり、分からないところがないか声をかけたりしてくれて、先生との関係が密接です。

そうすることで、より勉強をがんばろうという気持ちが沸きやすいです。先生に褒めてもらうことで自信を持つことができるというメリットもあります。一人で落ち着いて勉強ができる環境なので、安心して勉強に取り組めるというメリットもあります。